健康のおすすめ

P1070907

≪かぜ対策≫について

かぜシーズン真っ盛りですね。

インフルエンザも流行していますので、手洗い、うがいは忘れないで、また外にお出かけの時は必ずマスクをかけてください。

もし、罹ってしまったら胃腸にやさしい食べ物を摂って睡眠を十分にとりましょう。

今回はかぜに良いと言われる≪民間療法≫をいくつかご紹介します。

◎まずはかぜのひき始めに効果があって体を温めるもの

・くず湯  漢方薬の葛根湯に含まれるくずの根を乾燥させたもので、体を温めて首や肩のこわばりを和らげます。

・しょうが湯  シンゲオールという生姜の成分が体を温めて、汗  を出しやすくします。

・たまご酒   たまごは栄養価も高く、アルコールが体を温めます。

 

◎のどが痛い時は

・大根のあめ   大根に含まれる成分が抗炎症作用・抗菌を示してのどの痛みをとってくれます。

ハチミツに小さく切った大根を入れ半日から2日位密閉容器に入れ大根が浮いてきたら汁をお湯で割って飲みます。

・長ネギのシップ  ねぎの白い部分を5センチ位に切り、火であぶり、油のような成分が出てきたら、ガーゼに包んで首にまきます。

 

◎咳が続く時は

・にんにくの黒焼き  にんにくを黒くなるまで焼いて食べます。

 

以上が昔からかぜに良いと言われる民間療法です。

他にも色々あるかもしれませんね。

でも、症状が長引いたり熱が続いたりするときは、医療機関を受診してください。

 

copyright©2017 サノ・ファーマシーグループ. ALL RIGHTS RESERVED.