健康のおすすめ

S__8978435

≪腸内フローラ≫ってご存知ですか?

私達のお腹は小腸から大腸にかけて多種多様の腸内細菌が棲んでいます。

その数は200種600兆個以上と言われています。それぞれ様々な細菌が種類ごとにグループをつくってお花畑のように見えるので腸内フローラと呼ばれています。

その菌は3種に区別されます

①   善玉菌・・・体に良い働きをする菌で代表的なものは乳酸菌とよばれる

フェカーリス菌、ビフィズス菌です。

②   悪玉菌・・・ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などで

腸内で有害物質をつくります。

③   日和見菌・・腸内の善玉菌、悪玉菌の優勢な方に同調してはたらきます。

理想的な割合は 善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7です。

しかし、腸内フローラのバランスは食生活、ストレス、年齢、薬などいろいろな要因によって日々変化します。

健康な生活を維持するためにも、日頃から善玉菌の代表である乳酸菌を摂っておくことが大切です。

乳酸菌は腸内で乳酸や酢酸をつくって腸の運動を正常にして、下痢、便秘を改善する働きがあります。

いつまでも、腸内環境を良くしておくためにも乳酸菌入りの整腸剤の服用をお勧めします。

 

copyright©2017 サノ・ファーマシーグループ. ALL RIGHTS RESERVED.