健康のおすすめ

S__15392771

「インフルエンザの予防と対策」

皆さんインフルエンザの予防接種はお済でしたか?

予防接種にはある程度発症を抑える効果がありますし、重症化を予防する効果もあります。

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって発症します。A型は高熱(38℃以上)、頭痛、関節の痛み、筋肉痛などの症状が現れ、また普通の風邪の症状(鼻水、咳、のどの痛み)も伴うことが多いです。B型は微熱程度の熱のこともあり、消化器症状がでることもあります。今年はA型に加えてB型も流行しており、インフルエンザにかかっていることを気づかずに過ごしている人もいるかもしれません。そんな隠れインフルエンザが感染を増やすしていることも考えられます。

予防として

①マスクをしましょう

②食事と睡眠を十分にとりましょう

③外から帰ったら手洗いとうがいを忘れずに

iPOSH(弱酸性次亜塩素酸)によるご家庭での除ウイルスも効果的です。店頭でご相談下さい。

 

気になる症状が出たら早めに医療機関を受診しましょう。

ただし、あまり早く受診すると判定が出来ないこともあります。

copyright©2018 サノ・ファーマシーグループ. ALL RIGHTS RESERVED.