健康のおすすめ

P1080491

≪夏バテで疲れた胃腸をいたわりましょう!!≫

今年の夏は暑い日が続いて冷たいものをたくさん摂ってしまったのではありませんか?

冷たいものの摂り過ぎは胃腸の血流を悪くして胃粘液の分泌も減少させ、胃腸の粘膜は荒れやすくなります。

 

暑い時期の食べ方として、消化の悪い食べ物と冷たい飲み物を一緒に摂ると、さらに消化が悪くなって消化不良をおこします。冷たい飲み物を飲む時は、温かい料理と組み合わせて胃腸を冷やさないことが大事です。

また、夏場は汗をかくのでビタミンB1が失われ、疲労物質がたまり、消化力、吸収力が衰えます。ビタミンB1を多く含む豚肉はおすすめです。 

 

また、ストレスも胃腸の働きに影響を与えますので、ためこまないようにして時々は気分をリフレッシュしましょう。

睡眠不足も胃腸の働きに影響を与えますので、夜更かしはしないようにしましょう。

食欲の秋がそこまで来ています。

美味しいいものを美味しく食べれるように、それまでに胃腸の調子を整えておきましょう。

copyright©2018 サノ・ファーマシーグループ. ALL RIGHTS RESERVED.