健康のおすすめ

20190507

認知症、気になりますよね!!

寿命が延びて高齢化社会になると認知症患者も増えて、もはや珍しい病気では
ありません。
認知症は、様々な原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなって記憶力や判断力が低下して日常の生活に支障をきたす状態をいいます。
しかし、老化に伴う物忘れや、人の名前が出てこない、物のしまい場所を忘れたなどは認知症とはいいません
認知症の症状としては
・日付、曜日がわからなくなる。
・言葉が上手く話せなくなる。
・仕事等の効率がわるくなる。
・不眠や食欲の低下がみられる。
・目的が無いのに外を歩き回る。
・ものを盗まれたと騒ぐようになる。
などがあります。
身近にこのような症状の方がおりましたら、早めに専門の医療機関の受診を
勧めてください。

認知症は
(1)アルツハイマー型認知症
(2)レビー小体認知症
(3)血管性認知症 
に分かれますが、お薬で進行を遅らせることもできますので、早く服用すると
それだけ元気に暮らせる時間が長くなります。
人生100年時代迎えて元気に楽しく過ごしていきましょう。

copyright©2019 サノ・ファーマシーグループ. ALL RIGHTS RESERVED.