健康生活よもやま話

健康生活に関するお話を、
薬剤師・管理栄養士が紹介します。

花粉症に使うお薬について

今回は、花粉症に用いるお薬についてです。

抗原に暴露して1時間以内に反応がおこるアレルギーを即時型アレルギー反応といっています。

体内には肥満細胞と呼ばれる細胞があり、この中にヒスタミンと呼ばれる物質が貯蔵されています。花粉(抗原)がのどや鼻の粘膜から体内に侵入すると、生態防御反応の一つ抗原抗体反応がおき、肥満細胞が壊れてヒスタミンが放出されます。

このヒスタミンが①気管支を収縮させ息苦しくなり、②鼻粘膜の血管を拡げ鼻水がたくさんでてくるなど、花粉症の症状を起こします。

この症状を抑えるには、肥満細胞の膜を強くして壊れにくくしヒスタミンの放出を抑えれば症状は軽くなります。処方されるお薬としてはインタール(クロモグリク酸)や抗アレルギー薬と呼ばれるお薬がこの作用を持ちます。

また、ヒスタミンはH1受容体と呼ばれる場所にくっつくとアレルギー症状を起こしますので、あらかじめこの場所にお薬をくっつけておき、ヒスタミンがくっつかないようにしておくとアレルギー反応がおこりにくくなります。このようなお薬をH1遮断薬といっています。軟膏ではレスタミン(ジフェンヒドラミン)があります。

この両方の作用をもつお薬としては、ザジテン(ケトチフェン)やアレジオン(エピナスチン)、アゼプチン(アゼラスチン)、アレグラ(フェキソフェナジン)などがあります。
H1遮断薬は、副作用に眠くなるとかのどがかわくなどがあります。
これらのお薬を飲まれて眠気が強く出る方は、車の運手や機械の操作などはしない方がよいでしょう。また、眠気は少なくても頭がぼーっとしていることもあります。判断がにぶくなることもありますのでご注意下さい。

これらのお薬は早めに使うことで症状を軽くすませ悪化を防ぐこともできます。症状がでたら早めに使いましょう。

これ以外にも血管を収縮させ鼻水を抑えるお薬や、用途で点眼薬、点鼻薬、うがい薬もあります。処方せんがなくても買える一般用医薬品でも効くお薬があります。薬局で薬剤師に症状を伝え選んでもらうとよいでしょう。

                  薬剤師 高橋 寛