健康生活よもやま話

健康生活に関するお話を、
薬剤師・管理栄養士が紹介します。

花粉症の予防について

インフルエンザも落ち着いてきました。いよいよ春の季節という頃ですが、花粉症が増えてくる季節でもあります。今回は、花粉症の予防について説明させていただきます。

花粉症の予防には、(1)花粉のばく露を防ぐ方法と、(2)薬物による予防法があります。

スギなどの花粉は、人体にとっては異物であるため、鼻や目の粘膜などから体内に入ってくると免疫機能が働き、抗体という物質を作ります。すでに花粉症の方は、花粉の量が多いと症状もひどくなります。

従って、なるべく花粉に接しないことが大事になります。

花粉のばく露を防ぐ方法

①マスク
マスクの着用は、吸い込む花粉を3分の1から6分の1に減らし、症状を軽くします。
花粉症でない方もマスクを着用することで、花粉にばく露する量を減らし発症を抑えることができます。

②メガネ
通常のメガネをかけているだけでも、メガネをしていない時の3分の1くらいまでばく露する花粉の量を減らすことができます。防御カバーがついたメガネでは、10分の1程度まで減らせます。さらに、コンタクトレンズを使用している方は、コンタクトレンズによる刺激が花粉によるアレルギー性結膜炎を悪化させるため、この時期はメガネに替えた方がいいと考えられています。

③服装
ウール製の衣服などは花粉が付着しやすく、屋内に花粉を持ち込みやすいため服装にも注意した方がよいでしょう。綿やポリエステルなどの化学繊維、表面がツルツルした衣服の方が花粉が付着しにくく、花粉の時期にはよいでしょう。また、帽子をかぶることで頭への花粉の付着を防ぐこともできます。外出からの帰宅時は、玄関先で帽子を脱ぎ、衣服をはたくなどして花粉を落としてから屋内へ入るとよいでしょう。

④その他
他の方法としては、うがい、洗顔、シャワーを浴びるなどです。うがいで喉の粘膜に付着した花粉を洗い流しましょう。顔を洗うことで症状が軽くなることがあるようです。全身の花粉を洗い流すならシャワーを浴びるとよいでしょう。

最後に一般的な注意事項として、睡眠をよくとること、風邪をひかないこと、お酒は飲みすぎないこと、タバコを控えることなどがあります。免疫機能を保ったり、鼻の粘膜を正常に保つために重要です。

秋田県の花粉の飛散状況は、こちらを参考にするとよいでしょう。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/kafun/5.html

次回は、花粉症の時に使用するお薬について説明したいと思います。

薬剤師 高橋 寛