健康生活よもやま話

健康生活に関するお話を、
薬剤師・管理栄養士が紹介します。

「夏バテを元気に乗り切ろう」

【山王佐野薬局 栄養士 土橋恵美】

夏はたくさん汗をかいて、体力を消耗するため栄養不足に陥りがちです。すると、疲れやだるさ、めまいなど夏バテの症状が現れやすくなります。夏バテを防ぐには、できるだけ栄養バランスのよい食事をすることが大切です。特に不足しがちなビタミンB1、ビタミンC、たんぱく質の栄養素をとるように心掛けましょう。

【ビタミンB1】
ビタミンB1は水溶性ビタミンB群の一種で、「疲労回復のビタミン」とも呼ばれています。主に糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲がなくなる、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状があらわれます。

【ビタミンC】
体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに必要な栄養素です。ビタミンCは、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをします。

【たんぱく質】
たんぱく質は、三大栄養素のひとつで、血液や筋肉などを構成する成分です。人の体の約15~20%はたんぱく質でできています。また、生命の維持に欠かせない酵素などの成分にもなります。

これからますます暑い時期になります。暑さで食欲がわかない時は、食欲増進効果のある、しょうがやにんにくなどの薬味、酢、辛子、わさびなどの酸味や辛味を加えた、食欲をそそる献立にするのも良いですね。適度な水分補給を忘れずに、太陽に負けないくらい明るく元気にお過ごし下さい。

おすすめレシピ
<豚肉とズッキーニのイタリアントマトそうめん>
材料(2人分)
そうめん          3束(150g)
豚こま切れ肉        200g
トマト          2個
ズッキーニ・小      1本(150g)
Aコンソメ顆粒タイプ   大さじ1
Aにんにくのすりおろし 小さじ1/2
オリーブオイル      大さじ1

(1)豚肉は食べやすい大きさに切る。トマトは2cm角に切り、ズッキーニは5mm幅の輪切りにする。
(2)フライパンにオリーブオイルを熱し、(1)の豚肉を炒め、肉に火が通ったら、(1)のトマトを加え、さらに炒める。
(3)トマトがとろけてソース状になったら、(1)のズッキーニを加えて炒め合わせ、Aを加えて味を調える。
(4)そうめんはゆでて冷水で洗い、水気をきる。
(5)器に(4)のそうめんを盛り、(3)のソースをかける。

参考資料 
AJINOMOTO レシピ大百科:https://park.ajinomoto.co.jp/top/
画像:いらすとや:https://www.irasutoya.com/