健康生活よもやま話

健康生活に関するお話を、
薬剤師・管理栄養士が紹介します。

「広まっています、新しい予防歯科」

【銀河薬局村崎野店 管理薬剤師 泉澤 満】

「歯を毎日磨いていますか?」と聞かれたらほとんどの方が「はい」と答えると思います。1歳以上の人の歯ブラシの使用状況の推移によると毎日磨く人が95%、そのうち1日2回以上磨く人が77%という結果になっています。このように口や歯の健康を守るために歯磨きをするという習慣はかなり浸透していると思います。そんなお口の健康を守っているみなさんは8020運動という言葉をご存知でしょうか?

8020運動とは親知らずを除いた28本の歯のうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食物をかみ砕くことができ、おいしく食べることが出来るということから、“高齢(80歳)になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動になります。この運動が提唱された1989年からすでに30年以上経過しています。提唱当時は達成率が10%に満たないと言われていましたが、その後数値を伸ばしていき、2011年に40%、2016年には51%達成していることが示されました。この調査は5年ごとに行われるため次の調査が2022年となり、その時の達成者を60%にする新たな目標も掲げられています。次回はいったいどういった数値になるかとても気になりますね。

8020運動の達成者50%を超えた背景には、やはり口腔ケアの意識が変わっていることがあると思います。国民健康・栄養調査によると、過去1年間に歯科健診を受けた人の割合が、2009年には35.7%でしたが、2012年には47.8%となり、2016年になると52.9%の人が健診を受けているというデータがあります。特に50~70歳代になると各世代の半数以上が定期的な歯科健診を続けているデータが示されました。(20~40歳代もそれぞれ40%以上は定期歯科健診を受けているようです。) 二人のうち一人は毎日の歯磨き以外に定期的な歯科健診を受ける習慣も広がっているようです。1年以上歯科健診を受けていなかった方は、これを機に歯磨き以外にも歯の定期健診を始めてみてはいかがでしょうか。

口の健康は体の健康にもつながります。このことは過去にも他の薬剤師が触れていますので是非そちらも参照してください。口も身体も健康に保ち、おいしくご飯を食べていきましょう!

【参照】
厚生労働省 国民健康・栄養調査
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html
厚生労働省 歯科疾患実態調査 https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-17.html
8020推進財団 https://www.8020zaidan.or.jp/about/
「いい歯は毎日を元気に」プロジェクト https://bestsmile.jp/
画像:歯科素材.com https://www.dental-sozai.com/
健康生活よもやま話 「お口の健康とからだの健康」
https://www.sano-ph.co.jp/yomoyama/4194