健康生活よもやま話

健康生活に関するお話を、
薬剤師・管理栄養士が紹介します。

「正しく、清く」

【佐野薬局保戸野千代田町店 薬局長 小森陽介】

新型コロナウイルスが世に露見されてから約2年が経とうとしています。この間、私たちの生活様式も大きく変化しました。マスクを着用し、密を避け、手指など消毒を行うことが当たり前になり、感染対策は多くの人々にとって習慣となりました。

病院はもちろん、ほとんどの施設で感染対策のための消毒作業を行っており、中には空間除菌を施している施設もあるでしょう。ところで、この「菌をやっつける」という意味には「除菌」や「抗菌」、「殺菌」など様々な表現があります。どのような違いがあるのでしょうか?

「殺菌」には法的根拠があり、その効果が認められた医薬品、医薬部外品にしか使用できない決まりになっています。文字通り「特定の菌を殺す」効果があるものを指します。菌の種類や数は問いません。すべての菌を殺せなくても殺菌といえます。市販薬や薬用せっけんなどの表示で目にすることが多いです。
(例)薬用せっけん、薬用歯磨き粉、コンタクトレンズ洗浄液など

一方、「除菌」や「抗菌」は、法律による制限はなく、洗剤や雑貨品などでよく用いられています。
「除菌」は「菌を取り除く」ことです。「殺菌」することも除菌に含まれますが、医薬品や医薬部外品以外では「殺菌」と言えないきまりなので、この表現がよく使われます。
(例)食器用洗剤、洗濯用洗剤による除菌効果、アルコールスプレーなど
また、「抗菌」は「菌の増殖を抑制する」ことです。殺菌や除菌のように直接、菌を殺したり、取り除く効果ではなく、菌が増えにくい環境をつくることをいいます。
(例)靴下などの衣類、トイレ・台所用品など

先に述べませんでしたが、医薬品、医薬部外品だけに使用できる表現として他に「滅菌」と「消毒」があります。「滅菌」は「菌やウイルスといった微生物の数を限りなくゼロに近づける」ことです。滅菌前の状態から微生物の数を100万分の1以下に減らすことを指します。今回紹介した項目の中で最も強い作用です。
(例)手術用器具、注射薬など
「消毒」は「人に有害な物質や細菌を除去、無害化する」ことです。感染症を防げる程度まで病原菌などを減らすことが目的とされています。

このように、同じような作用でも、効果の違いや、法律によって様々な言葉で言い表されていますが、実際、私たちが使う際には、口コミやパッケージなどからなんとなく効果を判断して購入や使用することも少なくありません。それぞれの言葉を理解し、正しく使い分けることが大切ですね。

参考:
厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/
全薬工業株式会社HP:https://www.zenyaku.co.jp/
画像:https://www.ac-illust.com/